忍者ブログ
since 2009.6.20
2020/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002
HEADコンベンションの参加で東京から帰ってきました。
WIMBLEDONからHEADnewラケットバックが登場します。
真っ白で脚付き!お見逃しなく。日本入荷200個。

オンコート講義では、セルビア人のボシコ・テシッチコーチが
セルビアと日本のコーチングの違いやトップジュニアを目指す
練習方法を紹介してくださいました。Hvala!(ありがとう セルビア語)
ジョコビッチと一緒にプレイヤーであった彼は5年前から日本でコーチングをし
世界を目指すジュニアをセルビアへ遠征や留学への取り組みもしているのです。
その練習方法で参加者全員が実練習をし実感してきました。
☆ 「 日本のボール出しは甘い・・・ 」
  心臓バクバク。足フラフラ。
  ジョコビッチは5歳から、取り組んできたようです。
  実力や年齢がきてからハードな練習をしても遅すぎる。    

☆ 「 最後は必ずボレーで決める 」
  常に攻撃の気持ち
  長時間の試合も考えて早くポイントを取れるようにする。

☆ 「 サービスはセカンドサーブを確実に入るようになってからファーストサーブに取り組む 」
   ターゲットは一つに絞りこむ。集中力向上のため。

☆ 「 プレイヤー本人の意思を尊重する 」

今回のコーチングはトップジュニアのためのもの。
中上級クラス以上の方たちに当てはめて練習できそうです!!

(橋本)

IMG_2709.JPGIMG_2708.JPGIMG_2712.JPG




PR
カウンター
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最古記事
ブログ内検索
バーコード

Copyright © メドウステニスガーデン All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]